新婦に色を添える|キャバドレスの選び方で顧客ハンターになれる
女性

キャバドレスの選び方で顧客ハンターになれる

新婦に色を添える

女性たち

ドレスの選び方

最近結婚式で良く見かけるブライズメイドですが、新婦の出で立ちに色を添えるという観点から、人気が急上昇しています。主に新婦の姉妹や友人がブラズメイドに扮することが多いのですが、ドレスの色やデザインを揃えると一層華やかな印象になります。しかし、どのようにしてドレスを選んでいけば良いかと悩んでしまう人も多いです。最近では、ウェディングドレスと同時にブライズメイドのドレスを選ぶことが出来る式場が増えていますので、そこで揃えることも可能でしょう。また、ドレス専門店に行き全員で試着してみるのも良いかもしれません。ネットで購入するという方法もありますが、素材やサイズの微調整などを考えますと、きちんと試着することが出来る店で揃えた方が良さそうです。お揃いの花束を持つなどすると、より素敵にグレードアップします。

どんな役割があるのか

ブライズメイドにはどのような意味や役割があるのでしょうか。ヨーロッパの結婚式を起源としているものなのですが、新婦の介添え役としての役割が大きいようです。中世のヨーロッパでは、悪魔から新婦を守るために、似たような衣装を着た若い女性が悪魔の目を惑わすという風習があり、それが定着して風俗化したとも言われています。また、ブライズメイドは立会人としての役割も果たしますので、想像以上に大きな役目と思っても良いでしょう。場合によっては、バージンロードで花嫁の先に立て案内をすることもありますし、全体的な移動の手伝いをすることもあります。年齢はさまざまですが、基本的に未婚の女性であることが多いようです。