ウーマン

キャバドレスの選び方で顧客ハンターになれる

丈が長いドレス

婦人

ロングドレスは、丈が長いドレスのことでパーティーや発表会、結婚式や披露宴も夜であれば着ることが出来ます。長さを調節することが大事なので、くるぶしが見えるか見えないかくらいを目安に調節すると良いでしょう。

もっと読む

ロングとミニドレスの良さ

女の人

衣装による魅力のアピール

キャバクラといえば、キャバドレス抜きに語れません。接客するキャバ嬢は、デザインに違いはあれどこれを着用して仕事にあたります。ただキャバドレスによっては、まったく違う魅力をアピールできます。顧客獲得のためにも、イメージアップできるデザインのドレスを身につけるようにしましょう。例えばロングのキャバドレスは、背が高かったり痩せている嬢の長所を引き出してくれます。さらに大人っぽさを強調できるので、お姉さん的なイメージの演出に最適です。またショートやミニのキャバドレスなら、かわいらしさや若い印象を与えてくれるでしょう。しかも美脚を見せつけられるので、客の気を惹く効果も期待できます。どちらも着る人間のキャラや顧客の好みに合えば、かなりの効果を破棄してくれるはずです。そのため購入前のキャバドレス選びや試着は、入念に行いましょう。

ドレスを着る際の注意

キャバドレスは魅力をアピールするのに有効であるとともに、その逆の効果をもたらす時もあるので気をつけましょう。いくら気に入ったからといって、似合わないキャバドレスを着ては魅力も半減です。特に背の低い方が、ロングドレスをチョイスするのは止めておきましょう。着丈が合わない商品はお直しに出さなければいけないうえ、デザイン的にドレスに着られてしまうケースも多いようです。その他にも露出が多いキャバドレスを着る際は、下着が見えないように配慮する必要があります。短いドレスの裾や脇の部分から下着がのぞいていると、顧客にだらしない印象を与えます。それだけでなく、必要のないボディタッチを受けてしまう原因にもなるので、隠せる部分は隠しましょう。また露出が多い服やフィット感があるキャバドレスは、姿勢の良し悪しがはっきり目立ちます。綺麗にキャバドレスを着こなすためにも、デザインと共に着る際の姿勢にも気をつけるべきです。

初めての衣装に適している

レディー

初めてキャバクラで仕事をする方は、どのような服を着ていったらいいのか悩みがちです。キャバワンピだと新人からベテランまで、大勢の方が着ている衣装なので失敗しづらいといえます。衣装を買うときには、値段を確認して買うのが賢い買い方です。

もっと読む

新婦に色を添える

女性たち

最近人気のブライズメイドですが、新婦の姉妹や友人などがお揃いのドレスを着て華を添えるという役割を果たします。それ以外にも、新婦のサポート役や立会人としての意味合いも持っています。起源は中世ヨーロッパまで遡ります。

もっと読む